書籍紹介
TOP > 財務分析レポート > The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期 2ケタの減収、損失を計上

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期
2ケタの減収、損失を計上

update: 2022/08/29

The Gap,Inc.の2023年1月期第2四半期は減収、損失を計上。 「バナナリパブリック」が健闘した

The Gap,Inc.の2023年1月期第2四半期は減収、損失を計上。
「バナナリパブリック」が健闘した

「ギャップ」や「オールドネービー」などカジュアルアパレルを手掛けるThe Gap Inc.(ギャップ社)の2023年1月期第2四半期(2-7月)の連結決算は2ケタの減収、損失を計上するに至った。カナダを除く欧米、及びアジアが苦戦した。ブランド別では「オールドネービー」「ギャップ」が苦戦。「バナナリパブリック」が2ケタ増と健闘した。

「オールドネービー」が苦戦、在庫処理もマイナス要因に

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期
財務数値一覧(表1)

連結売上収益は73億3,400万米ドル(約9,754億2,200万円、1米ドル=133円で換算)、10.6%減と苦戦。売上総利益率(粗利率)は33.1%(9.0ポイント減)と大きく落ち込んだ。在庫の適正化によるマイナスの影響が大きかったようだ。販管費率も増加したことで、営業損失2億2,500万米ドル(約294億7,500万円、同)を計上するに至った。税引前損失は2億6,400万米ドル(約351億1,200万円、同)。四半期損失は2億1,100万米ドル(約280億6,300万円、同)と軒並み損失計上となった(表1を参照)。

地域別の売上高は、主力の「U.S.」(米国)市場が61億7,600万米ドル(約8,214億800万円、同)、11.7%減と苦戦した。規模は小さいが、「Canada」(カナダ)が5億8,800万米ドル(約782億400万円、同)、2.4%増と増収した。「Europe」(欧州)は1億1,100万米ドル(約147億6,300万円、同)、41.6%減と苦戦。日本を含む「Asia」(アジア)地域も3億1,700万米ドル(約421億6,100万円、同)、30.3%減と苦戦した(表2を参照)。

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期 部門別・ブランド別売上高(表2)

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期
部門別・ブランド別売上高(表2)


業態別の売上高は、主力の「Old Navy」が39億3,100万米ドル(約5,228億2,300万円、同)、15.8%減と苦戦した。サイズと品揃えの均衡が取れず、在庫の遅延や消費の減退などが影響した。

「Gap」(ギャップ)業態は16億7,200万米ドル(約2,223億7,600万円、同)、10.1%減と苦戦。計画的な店舗数減も影響したようだ。「Banana Republic」(バナナリパブリック)は10億2,100万米ドル(約1,357億9,300万円、同)、15.5%増と好調に推移した。

期末の店舗数は、政策的な統廃合を進めている影響で減少している。2022年1月期の期首の店舗数は3,715店(フランチャイズ615店を含む)だったが、期末(7月末)は3,494店(フランチャイズは557店)まで減少した。今第2四半期末では、3,390店とさらに減少した。今期の期首から9店(出68、退77)減少した。

財務面では、手元流動性比率が低下した。D/Eレシオは改善したが、手元資金が減少している。トップラインの低下が、財務面にも影響を及ぼしているようだ。                                   

(樋口尚平)

The Gap,Inc. 2023年1月期 第2四半期 2ケタの減収、損失を計上

カイハラデニム かまだプリント株式会社 ゴールドウイン ビッグジョン シマセイキ 豊和株式会社 株式会社デサント ドミンゴ ミズノ株式会社 ペガサス ダンス ウィズ ドラゴン シキボウ