MENU
TOP > 財務分析レポート > 島精機製作所、2024年3月期 連結決算──減収するも、黒字を回復

島精機製作所、2024年3月期 連結決算──減収するも、黒字を回復

update: 2024/05/13

島精機製作所の2024年3月期は減収するも、 黒字回復を果たした (写真は島三博 代表取締役社長)

島精機製作所の2024年3月期は減収するも、
黒字回復を果たした
(写真は島三博 代表取締役社長)

島精機製作所の2024年3月期連結決算は、減収するも主力の「横編機」の販売が復調したことで、5年ぶりに黒字回復を果たした。地域別では、「アジア」が2ケタの増収を達成し、けん引役になった。

主力事業の「横編機」が復調

島精機製作所、2024年3月期 財務数値一覧(表1)

島精機製作所、2024年3月期
財務数値一覧(表1)

連結売上高は、359億1,000万円(5.2%減)の減収。「横編機」が復調したが、前年比は下回った。売上総利益率(粗利率)が40.9%(4.3ポイント増)と回復。販管費率が低下したこともあり、営業利益4億3,000万円を計上するに至った。前年度の損失計上から一転し、黒字回復を果たした。経常損益は為替差損が発生したが、営業外収益が増加したため、10億1,800万円の利益を確保した。当期純損益も、10億3,000万円と黒字を回復した(表1を参照)。

島精機製作所、2024年3月期 事業別売上高(表2)

島精機製作所、2024年3月期
事業別売上高(表2)


事業セグメント別では、主力の「横編機」が258億8,400万円(5.5%減)。「デザインシステム関連」が34億6,600万円(2.0%減)となった。地域別では、「日本」が68億8,700万円(2.0%減)とほぼ横ばい。「欧州」が79億9,000万円(26.0%減)と苦戦した。「アジア」が169億8,100万円(17.0%増)と健闘した(表2を参照)。

通期の業績見通しは、連結売上高440億円(22.5%増)、営業利益15億円(248.6%増)、経常利益22億円(116.1%増)、当期純利益17億円(65.0%増)。2ケタの増収、大幅な増益を計画している。

新たな中期経営計画を公表──2026年度に売上高550億円、営業利益70億円を目指す

島精機製作所、 新「中期経営計画」数値目標(表3)

島精機製作所、
新「中期経営計画」数値目標(表3)

本決算の開示と共に、新たな中期経営計画「Ever Onward 2026」を公表している。3年後の2026年度に売上高550億円、営業利益70億円、経常利益75億円を目指す。ROEは6.0%の目標を立てている。

前回の中期経営計画の目標数値(売上高540億円、営業利益20億円)を達成することができなかった。強化ポイントの1つ、「ホールガーメント®」の販売が計画より下振れした影響もあったようだ。

重点施策は4つ。①経営基盤の再構築(収益の安定化、業務プロセスの刷新等)、②ソリューションビジネスの確立、③横編機事業の再生、④自動裁断機事業の拡大、である。10年後には、売上高2,000億円、営業利益率25%=500億円という企業規模を見据えている。                                   

(樋口尚平)

島精機製作所、2024年3月期 連結決算──減収するも、黒字を回復

ダンス ウィズ ドラゴン ミズノ株式会社 株式会社デサント ビッグジョン ゴールドウイン ペガサス 豊和株式会社 ドミンゴ かまだプリント株式会社 シキボウ シマセイキ