MENU
TOP > 財務分析レポート

グンゼ、2024年度 事業説明会──アパレルの総合ブランド化を進める

2024年度事業説明会に臨むグンゼ、 佐口敏康代表取締役社長

2024年度事業説明会に臨むグンゼ、
佐口敏康代表取締役社長

グンゼが7月9日、大阪市内で「2024年度 事業説明会」を開催した。今年度(2025年3月期)の重点政策について、各担当の役員がメディアに説明した。アパレルカンパニーでは、アパレルの総合ブランド化を進め、新規顧客の開拓に力を入れる。

続きを読む…

H&M AB、2024年11月期 第2四半期 連結決算──微増収、大幅な増益に

H&Mの2024年11月期第2四半期は微増収、 大幅な増益となった(画像は説明資料から抜粋)

H&Mの2024年11月期第2四半期は微増収、
大幅な増益となった(画像は説明資料から抜粋)

 「H&M」などSPA業態の小売店を展開するH&M(Hennes & Maurits=ヘネス&マウリッツ)AB(H&M社)の2024年11月期第2四半期(12-5月)連結決算は、微増収となった。売上総利益率(粗利率)の改善が奏功し、利益が大幅に増加した。「Eastern Europe」(東欧)地域が2ケタの増収と健闘した。

続きを読む…

主要上場国内アパレル企業8社、2024年2月期 連結決算まとめ──過半数で増収増益を達成

主要上場国内アパレル企業8社+1、 2024年2月期まとめ (画像はオンワードホールディングス)

主要上場国内アパレル企業8社+1、
2024年2月期まとめ
(画像はオンワードホールディングス)

主要な上場国内アパレル企業8社の2024年2月期連結決算をまとめた。過半数のメーカーが増収増益を達成した。コロナ禍からの影響から完全に脱して、成長基調に乗った企業が増えてきた。ワールドは当期から決算期を2月期に変更したため、11カ月の変則決算となる。一方、第2四半期を迎えたファーストリテイリングは過去最高の収益を達成した。

続きを読む…

島精機製作所、2024年3月期 連結決算──減収するも、黒字を回復

島精機製作所の2024年3月期は減収するも、 黒字回復を果たした (写真は島三博 代表取締役社長)

島精機製作所の2024年3月期は減収するも、
黒字回復を果たした
(写真は島三博 代表取締役社長)

島精機製作所の2024年3月期連結決算は、減収するも主力の「横編機」の販売が復調したことで、5年ぶりに黒字回復を果たした。地域別では、「アジア」が2ケタの増収を達成し、けん引役になった。

続きを読む…

主要上場ラグジュアリーブランド企業2社、2023年12月期 決算まとめ──両社で明暗が分かれる

LVMHは増収増益、 KERINGは減収減益と明暗が分かれた (画像はLVMHの説明資料から抜粋)

LVMHは増収増益、
KERINGは減収減益と明暗が分かれた
(画像はLVMHの説明資料から抜粋)

主要上場ラグジュアリーブランド企業2社の2023年12月期決算をまとめた。対象としたのは、2023年12月末に年度末を迎えた2社――LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループ、およびKERING(ケリング)社。LVMHは増収増益だったが、KERINGは減収減益と苦戦した。

続きを読む…

ペガサス ダンス ウィズ ドラゴン ドミンゴ ゴールドウイン ミズノ株式会社 豊和株式会社 シキボウ かまだプリント株式会社 ビッグジョン 株式会社デサント シマセイキ