書籍紹介
TOP > 業界ニュース > ライトオン池袋店リニューアル デニムアートで世界観のあるジーンズショップへ

ライトオン池袋店リニューアル
デニムアートで世界観のあるジーンズショップへ

update: 2016/09/21

1階はジーンズとトレンドアイテムを 集約したフロア。 武骨なジーンズショップを感じさせる内装だ。

1階はジーンズとトレンドアイテムを
集約したフロア。
武骨なジーンズショップを感じさせる内装だ。

ライトオン池袋店と上野店が9月16日(金)にリニューアルオープンした。店舗デザインを手がけたのは、国内外のホテルや飲食店などのデザインなどを数多く手掛ける、有名デザイン事務所スーパーポテト。

今回のリニューアルは店舗活性化の取り組みの一環として、ポテンシャルの高い店舗から順次、新たなプロトタイプ内装の店舗へとリニューアルをかけており、今回はその第2弾となる。(第1弾は昨年9月にリニューアルをした名古屋mozoワンダーシティ店)  池袋店は周囲に学校が集中していることから、大学生を中心に学生客の利用が多い。また最近はアジア圏からの旅行客が買い物に来ることも増えているという。

入口すぐ左手には オリジナルブランド「バックナンバー」 のコーナーを展開。

入口すぐ左手には
オリジナルブランド「バックナンバー」
のコーナーを展開。


リニューアル前は1階はトップス中心、2階でジーンズを展開していたが、今回のリニューアルで1階をジーンズフロア、2階をトップスをメインにレディースアイテムの展開に変更。ジーンカジュアルショップとして、ジーンズを前面に打ち出した店に作り直した。
 1階のジーンズフロアは古い建築材や燻した鉄などを柱や什器に使い、重厚感のある雰囲気に。2階は森をイメージしたフロアになっており、1階よりも明るめの木調が印象的なフロアになっている。

中古ジーンズ約2000本を使って 作られた圧巻のデニムアート

中古ジーンズ約2000本を使って
作られた圧巻のデニムアート


外観は大幅な変更はしていないが、今まで道路に面した窓の全面にポスターやポップを貼っていたのを辞め、外から店内が伺えるようになり、店内に入りやすくなるように変えた。
 今回のリニューアルのメインになるのは中古ジーンズを使った壁面アート「デニムウォール」だ。池袋店は2階へ上がる階段の踊り場に設置。また、1階奥のNBジーンズコーナーの棚上部にも中古ジーンズをパズルのように詰め込んだデニムアートがある。
 このリニューアルで改めてライトオンはジーンズショップであることを、今後はアピールしていく。


2階はトップスアイテムを中心に展開。 ベーシックなトレーナーや ジャケット、シャツを品揃え

2階はトップスアイテムを中心に展開。
ベーシックなトレーナーや
ジャケット、シャツを品揃え

2階のレディースコーナーは 中央にある光るテーブル什器が ポイントになっている

2階のレディースコーナーは
中央にある光るテーブル什器が
ポイントになっている

(ファッションライター 苫米地香織)

ミズノ株式会社 シキボウ ダンス ウィズ ドラゴン シマセイキ ペガサス かまだプリント株式会社 PERTEX Elemental 株式会社デサント 豊和株式会社 TEIJIN ゴールドウイン ビッグジョン