TOP > 業界ニュース > L BRANDS 社、2018年1月期 連結決算 主力ブランドが苦戦、微増収・減益に

L BRANDS 社、2018年1月期 連結決算
主力ブランドが苦戦、微増収・減益に

《財務分析レポート》

L BRANDS,INC. 2018年1月期 財務諸表(表1)

L BRANDS,INC. 2018年1月期
財務諸表(表1)

「ヴィクトリアズ・シークレット」などレディス関連アパレルを展開するL BRANDS社の2018年1月期連結決算は、主力ブランドの「ヴィクトリアズ・シークレット」が苦戦したこともあり、微増収・減益と低調な結果となった。「Bath & Body Works」は2ケタ近い増収で健闘した。

「Victoria’s Secret」の復調がカギ

連結売上高は、126億3,200万米ドル(約1兆3,768億8,800万円、1米ドル=109円で換算)、0.5%増とほぼ前年並みだった。売上高総利益率(粗利率)は39.3%(1.5ポイント減)と低下した。販売管理費の増加もあり、利益が軒並み減少した(表1を参照)。

営業利益は、17億2,800万米ドル(約1,883億5,200万円、同)、15.2%の減益。税引前利益は、13億5,700万米ドル(約1,479億1,300万円、同)、18.1%の減益だった。当期純利益は、9億1,900万米ドル(約1,001億7,100万円、同)、15.7%減と2ケタの減益に至った。

L BRANDS,INC. 2018年1月期 ブランド別売上高(表2)

L BRANDS,INC. 2018年1月期 ブランド別売上高(表2)

ブランド別売上高では、主力の「Victoria’s Secret」(ヴィクトリアズ・シークレット)が73億8,700万米ドル(約8,051億8,300万円、同)、5.1%減と苦戦傾向だった。「Bath & Body Works」(バス&ボディワークス)は41億4,700万米ドル(約4,520億2,300万円、同)、7.7%増と堅調な推移だった(表2を参照)。

期末の店舗数は、全社で3,075店(出66、退65)で、出店と退店の数がほぼ同数だった。「Victoria’s Secret」は1,170店(出15、退22)とやや減少。「Bath & Body Works」は1,694店(出32、退31)とほぼ横ばいだった。

財務面では、自己資本がマイナス――債務超過の状態にある。約57億米ドル(約6,219億円、同)の長期借入金が影響している。効率性指標は低下しているが、その数値の水準は高い。「Bath & Body Works」は堅調に推移しているため、主力の「Victoria’s Secret」収益性の改善が当面の優先課題だと考えられる。

(樋口尚平)

L BRANDS 社、2018年1月期 連結決算 主力ブランドが苦戦、微増収・減益に

ビッグジョン ゴールドウイン ミズノ株式会社 グンゼ シキボウ シマセイキ TOYOBO EDWIN 株式会社デサント かまだプリント株式会社 TEIJIN 豊和株式会社 フジボウ PERTEX Elemental ペガサス ダンス ウィズ ドラゴン