書籍紹介
TOP > 業界ニュース > 帝人フロンティアのセンシングビジネス 睡眠サービス「Sleep Concierge」をFiNC Te...

帝人フロンティアのセンシングビジネス
睡眠サービス「Sleep Concierge」をFiNC Technologiesと共同開発

update: 2021/03/02

帝人フロンティアのセンシング技術「MATOUS」を活用した 睡眠の質を評価・アドバイスするサービス 「Sleep Concierge」

帝人フロンティアのセンシング技術「MATOUS」を活用した
睡眠の質を評価・アドバイスするサービス
「Sleep Concierge」

帝人フロンティアがFiNC Technologies(フィンクテクノロジーズ:東京)と共同で、睡眠の質を評価・アドバイスするサービス「Sleep Concierge」(スリープ コンシェルジュ)を開発した。今年3月からサービスの提供を開始する。ゴルフスイングやダンサーの動きを解析するセンサー機能「MATOUS」(マトウス)を応用したものだ。

応用領域が広がる「MATOUS」

株式会社FiNC Technologies(以下、FiNC)は法人向けに健康管理サービスを提供するBtoBビジネスやAI(人工知能)を活用したアプリケーションの提供、健康関連商材を扱うECサイト運営などを手掛けている。

今回の協業は、FiNCの“テクノロジー及びヘルスケア領域の知見”を活用し、帝人フロンティアの“センシング技術”と融合させたサービスだ。帝人フロンティアは2018年から、FiNCの間で協業をスタートした。双方のノウハウやセンシング技術を活用し、新しいビジネスが展開できないかを検討してきた。

「Sleep Concierge」の表示画面

「Sleep Concierge」の表示画面

「Sleep Concierge」は、身体の動きの情報を解析して睡眠時の“質”を評価・アドバイスするサービスだ。FiNCの「予防ヘルスケア×AIテクノロジー」を基に、帝人フロンティアの「MATOUS」のセンシング、データ解析技術を活用して、サービスを提供する。ゴルフスイング解析、ダンサーの動き解析に続き、「MATOUS」の応用領域が拡大する。

一般ユーザーを対象に拡販進める

新たに開発した「MATOUS SS(エスエス)」を専用デバイスとして使用する(SS=スリープ・センシングの意)。就寝時に寝具の下に置き、就寝中の身体の動きを計測してそのデータを記録する。記録したデータを基に、より理想的な睡眠の方法などをアドバイスするサービス内容だ。寝不足の解消や軽減が期待できる。

専用デバイスは3月1日から、FiNCのオンラインショップ「FiNC MALL」で購入が可能。価格は2万1,780円(税込み。本体価格は1万9,800円)。FiNCとの住み分けを図る意味でも、帝人フロンティアはBtoC──一般ユーザー向けの販売に取り組む。

今後は、収集したデータ解析を通じて、睡眠課題の解決をサポートするための製品の開発も進める。また、FiNCのBtoBビジネス「FiNC for BUSINESS」と連動した新しいサービスの開発も視野に入れている。                                   

(樋口尚平)

帝人フロンティアのセンシングビジネス 睡眠サービス「Sleep Concierge」をFiNC Technologiesと共同開発

PERTEX Elemental 株式会社デサント ビッグジョン かまだプリント株式会社 ペガサス TEIJIN 豊和株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン シキボウ ゴールドウイン ミズノ株式会社 シマセイキ