TOP > 業界ニュース

JUKI 2016年12月期 本決算
為替の影響もあり、減収減益に

《財務レポート》

2016年12月期 財務諸表(表1)

2016年12月期
財務諸表(表1)

ミシンなど縫製機器を展開するJUKIの2016年12月期本決算は、円高に振れた為替の影響もあり、減収減益になった。主力の「縫製機器」ビジネスでは、黒字を確保した。工業用ミシンでは、日本と欧州が健闘した。

続きを読む…

かまだプリントとエムズ
“黒体”を使った消臭プリント技術を開発

《企業レポート》

かまだプリントと エムズが共同開発した 消臭プリント

かまだプリントと
エムズが共同開発した
消臭プリント

アパレルなどのプリントを手掛けるかまだプリント(大阪府守口市)がこのほど、株式会社エムズ(兵庫県川西市)が開発した高い消臭機能を持つ“黒体”を使用した消臭プリント技術を開発した。繊維などにプリントした状態でも高い消臭機能を発揮するという。

続きを読む…

三陽商会、2016年12月期 本決算
当初計画を下回り減収に、損失を計上
新しい中期3カ年計画を策定

《財務分析レポート》

三陽商会、2016年12月期 財務諸表(表1)

三陽商会、2016年12月期
財務諸表(表1)

三陽商会の2016年12月期連結決算は、百貨店を主体とした衣料品の販売不振の影響が大きく、計画を下回り減収となった。利益面は売り上げ低迷のほか、値引き販売の増加や在庫処分、撤退ブランドの在庫評価損などの計上もあり、損失に至った。また、新たに3カ年の中期経営計画「Sanyo Innovation Plan 2017(SIP 2017)」を策定した。

続きを読む…

阪急うめだ本店3階「デニムセレクション」
改装後、ジーンズ販売が15%増と拡大

《店頭レポート》

ジーンズ販売が15%増と伸びている 「デニムセレクション」

ジーンズ販売が15%増と伸びている
「デニムセレクション」

阪急うめだ本店3階のジーンズを主体にした自主編集売り場「デニムセレクション」。昨年(2016年)3月に4階から移転・改装オープンしたが、主力商材のジーンズの販売が旧売り場と比較して115%と2ケタ増で推移している。購買顧客層の広がりが後押しになっているようだ。

続きを読む…

豊和、今期は2ケタ増の見通し

展開規模が拡大し始めた インディゴニット

展開規模が拡大し始めた
インディゴニット

洗い加工やアパレル製品を手掛ける豊和(倉敷市)の2017年4月期は、110%と2ケタ増で着地する見通しだ。期首の段階では、通期で2ケタ近い伸びを想定していたが、昨年2-6月の業績が計画以上の推移で、上方修正の後押しになった。

続きを読む…

タジマ工業(株) TOYOBO ヤマトミシン製造株式会社 TEIJIN ダンス ウィズ ドラゴン フジボウ ゴールドウイン シマセイキ グンゼ 豊和株式会社 ビッグジョン ミズノ株式会社 ブラザー工業株式会社 ペガサス シキボウ PERTEX Elemental 株式会社デサント かまだプリント株式会社 EDWIN