TOP > 注目パーソン インタビュー

東洋紡STC、渡邉紘志 取締役執行役員 繊維事業総括部長 兼インナー事業部長
「組織の総合力を発揮する」

update: 2018/07/20

東洋紡STC、渡邉紘志 取締役執行役員 繊維事業総括部長 兼インナー事業部長

東洋紡STC、渡邉紘志 取締役執行役員
繊維事業総括部長 兼インナー事業部長

今年4月から、東洋紡の繊維製品事業総括部長を務め、東洋紡STCでは繊維事業総括部長兼インナー事業部長として陣頭指揮を執る渡邉紘志 取締役。組織改編を機に、同社の素材開発能力をさらに強化し、収益力を高めようとしている。スポーツを中心とした機能性素材の開発が重要な取り組みの1つである。今後の方針について、渡邉取締役に聞いた。

デサントジャパン、アスレチックビジネス 2018年春夏シーズン
全体でほぼ前年並みの推移

update: 2018/07/09

デサントジャパン、 小川典利大 取締役常務執行役員 第1部門長

デサントジャパン、
小川典利大 取締役常務執行役員 第1部門長

デサントジャパンの2018年春夏シーズンのアスレチックビジネスは、7月初旬の段階でほぼ前年並みの推移だ。「デサント」や「ルコックスポルティフ」「イノヴェイト」といったブランドが健闘した。

帝人フロンティア、取締役 衣料繊維 第一部門長 鈴木哲志 氏
「基本は高機能性素材を開発し続けること」

update: 2017/03/13

帝人フロンティア、鈴木哲志取締役

帝人フロンティア、鈴木哲志取締役

帝人グループの繊維関連事業で、テキスタイルビジネスを中心に手掛けている帝人フロンティアの衣料繊維部門。スポーツやアパレル、ユニフォームなどのテキスタイル開発や製品部隊などを傘下に持つのが、第一部門だ。国内に加えて、海外ビジネスも順調に拡大してきた。今期の見通しや市況、今後の強化ポイントなどについて、同部門の陣頭指揮を執る鈴木哲志取締役に話を聞いた。

ゴールドウイン、代表取締役社長 西田明男 氏
「日本のスポーツ文化が1つ階段を上るタイミングにある」

update: 2016/07/25

ゴールドウイン、西田明男 社長

ゴールドウイン、西田明男 社長

2016年3月期の連結決算開示と同時に、新しい中期経営計画を発表したゴールドウイン。5年後の2021年3月期には、連結売上高800億円、営業利益65億円、経常利益73億円という数値目標を掲げている。アスレチックビジネスでは、今春「ニュートラルワークス」という新業態を東京・外苑前にオープンするなど、新しい試みを始めている。中計に込めた思いや狙いについて、西田明男 代表取締役社長に聞いた。

ミズノ、常務執行役員 七條毅氏
(グローバルフットウエアプロダクト本部、グローバルアパレルプロダクト本部、グローバル・ブランド開発 担当)
「アパレルとフットウエアは重要な成長エンジン」

update: 2016/07/19

七條毅常務執行役員

七條毅常務執行役員

ミズノの連結売上高のおよそ60%を占めるアパレルおよびフットウエア(シューズ)ビジネス。2015年度はともに1ケタ成長し、同社の成長エンジンの役割を担った。3年後の売上計画においても、1,430億円と引き続き主力商材に位置付けている。今期の強化点は何か? 陣頭指揮を執る七條毅 常務執行役員に話を聞いた。