TOP > 財務分析レポート

アディダス、
国際宇宙ステーション(ISS)米国国立研究所とパートナーシップを締結

update: 2019/11/20

アディダスがスポーツブランで 初めてISS米国国立研究所と パートナーシップを締結

アディダスがスポーツブランで
初めてISS米国国立研究所と
パートナーシップを締結

アディダスが国際宇宙ステーション(ISS)米国国立研究所と、製品開発を目的としたパートナーシップを締結した。“製品のイノベーション・サステナビリティの限界を追求し、アスリートのパフォーマンス向上に貢献する”ことが主な活動内容で、複数年にわたるパートナーシップ締結となる。

UNDER ARMOUR、2019年12月期 第3四半期 連結決算
増収、黒字回復に

update: 2019/11/20

UNDER ARMOUR、2019年12月期 第3四半期 財務数値一覧(表1)

UNDER ARMOUR、2019年12月期
第3四半期 財務数値一覧(表1)

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)社の2019年12月期第3四半期(1-9月)連結決算は、主力の「Apparel」は横ばいだったが、欧州やアジア太平洋、「Connected Fitness」の健闘もあり、増収となった。「Restructuring and impairment charges」(リストラおよび減損の費用)の計上がなくなったため、黒字回復を果たした。

ゼビオホールディングス、2020年3月期 第2四半期 連結決算
微増収、販管費率の増加もあり減益に

update: 2019/11/18

ゼビオ、2020年3月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

ゼビオ、2020年3月期
第2四半期 財務数値一覧(表1)

ゼビオホールディングスの2020年3月期第2四半期(4-9月)の連結決算は、ゴルフやアウトドア等の健闘で微増収を達成したが、天候不順や競合激化、販管費率増の影響を受け、減益に至った。主力の「一般競技スポーツ」が伸び悩んだ。消費増税の影響なども考慮し、第2四半期および通期の業績見通しを下方修正している。

主要スポーツ上場6社、2020年3月期 『第2四半期』 連結決算まとめ
増益達成が過半数を上回る

update: 2019/11/15

スポーツ上場6社、2020年3月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

スポーツ上場6社、2020年3月期
第2四半期 財務数値一覧(表1)

主要なスポーツ上場企業6社の2020年3月期第2四半期が出揃った。増益を達成した企業が過半数を上回ったが、海外ビジネスは政情不安の影響もあり、まだら模様となった。増収増益を達成した企業は3社だった。

美津濃、2020年3月期 第2四半期 連結決算
日本が苦戦するも海外が健闘し、微減収増益に

update: 2019/11/13

美津濃、2019年3月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

美津濃、2019年3月期
第2四半期 財務数値一覧(表1)

美津濃(ミズノ)の2020年3月期第2四半期(4-9月)の連結決算は、日本地域やアジアなどが減収となったが、米州の復調や中国ビジネスの効率化で利益を確保、微減収・増益に至った。国内の競技スポーツは苦戦傾向だったが、スポーツ施設の受託運営など「サービス/その他」分野が堅調な推移だった。