TOP > 財務分析レポート

ゴールドウイン、2021年3月期 第1四半期 連結決算
コロナ禍の影響で減収、損失を計上
EC、卸ビジネスが健闘

update: 2020/08/07

ゴールドウインの第1四半期は減収・損失計上だったが、 上期・通期見通しは上方修正した (画像は「ザ・ノース・フェイス マーチ」)

ゴールドウインの第1四半期は減収・損失計上だったが、
上期・通期見通しは上方修正した
(画像は「ザ・ノース・フェイス マーチ」)

ゴールドウインの2021年3月期 第1四半期(4-6月)の連結決算は、コロナ禍の影響で減収・損失を計上するに至った。しかし、当初の見通しから上振れし、直営店の閉鎖中はEC及び卸ビジネスがフォローするなど、減収幅を小さくできたようだ。第2四半期及び通期見通しを上方修正している。

デサント、2021年3月期 第1四半期 連結決算
コロナ禍が影響し減収、損失を計上

update: 2020/08/06

デサント、2021年3月期 第1四半期 財務数値一覧(表1)

デサント、2021年3月期
第1四半期 財務数値一覧(表1)

デサントの2021年3月期第1四半期(4-6月)の連結決算は、コロナ禍が影響し減収、損失を計上するに至った。国内外共に売り上げが伸び悩んだ。売上規模の大きい日本及び韓国の落ち込みが大きかった。

NIKE,Inc. 2020年5月期 連結決算
コロナ禍が影響、減収減益に

update: 2020/07/03

NIKE,Inc.の2020年5月期は減収減益に

NIKE,Inc.の2020年5月期は減収減益に

NIKE,Inc.(ナイキ社)の2020年5月期連結決算は、コロナ禍が影響し減収減益に至った。第4四半期(3-5月)の落ち込みが大きく、収益が伸び悩んだ。「Greater China」(中華圏)の回復が早く、増収増益を達成した。「DTC」(Direct To Consumer)は増収したが、「Wholesale」(卸)が売上減となった。

ヒマラヤ、2020年8月期 第3四半期
減収・損失を計上

update: 2020/06/29

ヒマラヤ、2020年8月期 第3四半期 財務数値一覧(表1)

ヒマラヤ、2020年8月期
第3四半期 財務数値一覧(表1)

ヒマラヤの2020年8月期の第3四半期(9-5月)連結決算は、天候不順や消費増税、年明け後の新型コロナウイルスの発生などの影響を受け、減収・損失を計上するに至った。今後の商況が見通せないため、通期見通しを取り下げて数値目標を「未定」に改めた。

メガスポーツ、2020年2月期(非上場)
減収、損失幅が縮小

update: 2020/06/26

メガスポーツ、2020年2月期 財務数値一覧(表1)

メガスポーツ、2020年2月期
財務数値一覧(表1)

「スポーツオーソリティ」などスポーツ関連小売店を展開するメガスポーツ(千葉市美浜区、石塚幸男 代表取締役)の2020年2月期決算(非上場)は減収したものの、損失幅が縮小した。