TOP > 財務分析レポート

主要国内上場スポーツメーカー──過去5年間の収益動向を見る
第2回:美津濃
課題は国外ビジネスの拡大

update: 2018/01/19

美津濃、2013年3月期 財務諸表(表1)

美津濃、2013年3月期 財務諸表(表1)

国内の主要な上場スポーツメーカーの過去5年間の収益動向をまとめた財務分析レポート。第1回目は、国内売上規模が最も大きいアシックスを取り上げた。第2回目は、美津濃(以下、ミズノ)を取り上げる。「2013年3月期」と「2017年3月期」の業績を比較する。

エービーシー・マート、2018年2月期第3四半期
主力の“スポーツシューズ”が堅調に推移

update: 2018/01/18

エービーシー・マート、2018年2月期 第3四半期 財務諸表(表1)

エービーシー・マート、2018年2月期
第3四半期 財務諸表(表1)

エービーシー・マートの2018年2月期(2017年度)の第3四半期(3-11月)は、主力の“スポーツシューズ”が堅調に推移した。伸び率は小さいが、増収・増益を達成した。販管費率は横ばいで、売上高総利益率(粗利率)はやや減少している。

主要国内上場スポーツメーカー ── 過去5年間の収益動向を見る
第1回:アシックス
売上規模が60%拡大、営業利益は30%増に

update: 2018/01/17

 アシックス、2012年3月期 財務諸表(表1)

アシックス、2012年3月期
財務諸表(表1)

2018年の初めに、国内の主要な上場スポーツメーカーの過去5年間の収益動向をまとめてみた。第1回目は、国内売上規模が最も大きいアシックスを取り上げる。途中、決算期を変更しているため、比較する決算は「2012年3月期」と「2016年12月期」で決算期は異なるが、収益の変化を捉える参考にはなるだろう。

ヒマラヤ、2018年8月期 第1四半期
店舗減が響き減収、経費抑制で利益を確保

update: 2018/01/10

ヒマラヤ、2018年8月期 第1四半期 財務諸表(表1)

ヒマラヤ、2018年8月期
第1四半期 財務諸表(表1)

スポーツ小売店、ヒマラヤの2018年8月期の第1四半期(9-11月)決算は、店舗数の減少が影響して減収となったが、売上高総利益率(粗利率)の改善および経費抑制により、営業・経常段階で黒字を回復した。商品別では、「アウトドア用品」が健闘した。

ナイキ社、2018年5月期 第2四半期 連結決算
増収するも、主力の北米が苦戦し減益に

update: 2018/01/09

ナイキ、2018年5月期 第2四半期 財務諸表(表1)

ナイキ、2018年5月期
第2四半期 財務諸表(表1)

ナイキ社(NIKE,Inc.)の2018年5月期の第2四半期(6-11月)連結決算は、増収を達成したものの、主力の北米地域が苦戦した影響で、減益に至った。アジア圏の収益が好調に推移した。品目別では、主力のフットウエア(スポーツシューズ)がけん引役になった。