TOP > 企業レポート

ミズノ、来シーズン向けの競泳用水着
「GX-SONIC Ⅳ」を開発

update: 2018/11/26

来シーズン向けの競泳用水着 「GX-SONIC Ⅳ」を開発

来シーズン向けの競泳用水着
「GX-SONIC Ⅳ」を開発

ミズノが来シーズン(2019年度)向けの競泳用水着「GX-SONIC Ⅳ」(ジーエックス ソニック フォー)を開発した。来年1月11日から、全国の取扱店で販売を開始する。フラット姿勢の維持とキック動作のサポート力が機能性の特長。ハイエンドのシリアススイマー向けモデルだ。

ミズノ、ソールの横幅を調整できるシューズ「aaab」を開発
次世代のフィッティングを意識

update: 2018/11/20

ソール横幅調整コンセプトシューズ「aaab」

ソール横幅調整コンセプトシューズ「aaab」

ミズノが、靴のソール(靴底)部分の横幅を調整できるコンセプトシューズ「aaab」(アーブ)を開発した。前足部の幅を調整できるシューズとして、米国で特許を取得している。11月23-24日に開催される「大阪マラソンEXPO 2018」に合わせて、50足限定で販売する。

(公財)全日本スキー連盟とスポーツ企業3社
オフィシャルサプライヤー契約に基づくウエアを公表

update: 2018/11/07

ミズノ提供のオフィシャルウエア

ミズノ提供のオフィシャルウエア

ミズノ、デサント、ゴールドウインの3社が10月29日、(公財)全日本スキー連盟(SAJ)とのオフィシャルサプライヤー契約に基づき、日本代表選手が着用するウインター競技関連ウエアを公表した。

ミズノ、バドミントンラケットの新モデル
「ALTIUS TOUR-J」を発売

update: 2018/11/06

バドミントンラケットの新モデル 「ALTIUS TOUR−J」(イメージ画像)

バドミントンラケットの新モデル
「ALTIUS TOUR−J」(イメージ画像)

ミズノが12月11日から、日本製バドミントンラケットの新モデル「ALTIUS TOUR-J」の発売を開始する。バドミントン女子日本代表の奥原希選手も11月6日から開催される国際大会で使用する予定だ。

デサント、韓国・釜山にシューズの研究開発拠点
「DISC BUSAN」を開設

update: 2018/10/26

「DISC BUSAN」を開設し、 10月17日から運営を開始した(外観写真)

「DISC BUSAN」を開設し、
10月17日から運営を開始した(外観写真)

デサントがかねて計画していたシューズの研究・開発拠点──韓国・釜山の「DISC BUSAN」(ディスク プサン)を開設し、10月17日から運営を開始した。「Innovate For Your Best」というコンセプトに基づき、ランニングシューズを中心とした“ハイパフォーマンス”シューズの開発を進める。