書籍紹介
TOP > 掲示板・新着NEWS > 公益社団法人日本エアロビック連盟 スズキジャパンカップ 2022 第 39 回全日本総合エアロビック選手権...

プレスリリリース・新着ニュース

公益社団法人日本エアロビック連盟
スズキジャパンカップ 2022 第 39 回全日本総合エアロビック選手権大会
全国大会11月13日 大会結果
エアロビック競技選手の日本一が決定

エアロビック競技の国内最高峰「スズキジャパンカップ 2022 第 39 回全日本総合エアロビック選 手権大会 全国大会」(主催: (公社)日本エアロビック連盟、会長 遠藤 利明)が、11 月 13 日(日) 大田区総合体育館(東京都)で開催されました。
公式サイト: https://www.aerobic.or.jp/competition/suzukijapan/ 各都道府県大会、各地区大会などを勝ち抜いた選手たちが、シニア 5 部門、ユース 6 部門に、 のべ 136 名が参加し、エアロビック競技の日本一が決定いたしました。
これまで、新型コロナウイルスの影響により競技部門の縮小や無観客での開催などを経て、3 年 ぶりに全種目競技を実施し、さらに有観客での開催となりました。観客席から声援は送れないも のの、フラッパーや大きな拍手で選手たちを応援、会場は熱気であふれ、選手たちは日ごろの練 習の成果を存分に発揮しました。

シニア男子シングル 斉藤瑞己選手が優勝
史上初の 8 連覇を達成後、昨年は残念ながら 2 位となった日本のエース斉藤瑞己選手(群馬県太田 市/SKJ)が、見事優勝。昨年のくやしさをバネに競技力向上のため「すべてにおいて基礎 を一からやり直した」とのコメント通り、次々と繰り出される高難度の技で会場の観客を魅了 し、21.750 点の高得点で優勝。シニアの部最高得点者の斉藤選手には、文部科学大臣杯が贈られ ました。

女子シングル部門は、北爪凜々選手が復帰後2連覇!
女子シングル部門は、北爪凜々選手(群馬県太田市/SKJ)が電撃引退から復帰後、見事 2 連 覇。「見ている方の心に残り続ける演技ができるように」と作品の強化に取り組み、見事な演技を 披露しました。

ユース2女子シングル部門は、佐阪真那選手が初優勝。
佐阪真那選手(大阪府泉南郡/くまとり A.G.C.)が 18.400 点で初優勝。 ユースの部で最高得点の佐阪選手には、NHKグローバルメディアサービス杯が贈られました。

今大会は、「スズキワ-ルドカップ エアロビック世界大会」の日本代表選手選考会も兼ねてお り、シニア各部門 2 位まで(但し 16.500 点以上)の選手および組、ユース各部門は優勝選手および 優勝組が日本代表として出場予定。

◆テレビ放映 NHK-BS1 11 月 27 日(日)11 時~12 時 50 分 放送予定

スズキジャパンカップ 2022 全国大会の結果は下記をご覧ください。 https://www.aerobic.or.jp/competition/detail/I16370393190800985742280032661664.html

掲示板・新着ニュース

公益社団法人日本エアロビック連盟 スズキジャパンカップ 2022 第 39 回全日本総合エアロビック選手権大会 全国大会11月13日 大会結果 エアロビック競技選手の日本一が決定 (2022.11)

株式会社デサント かまだプリント株式会社 ミズノ株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン 豊和株式会社 ペガサス シキボウ ゴールドウイン ビッグジョン カイハラデニム シマセイキ JIAM2022 ドミンゴ