書籍紹介
TOP > ファッショントレンド情報 > ライトオン2020年春夏展示会 8年ぶりの展示会開催 毎日着たくなるアメカジスタイル...

ライトオン2020年春夏展示会
8年ぶりの展示会開催 毎日着たくなるアメカジスタイルを提案

《展示会リポート》

「アメカジビス」のコーナーでは キチンと着られるカジュアルシャツと チノパンのコーデを提案

「アメカジビス」のコーナーでは
キチンと着られるカジュアルシャツと
チノパンのコーデを提案

ジーンズセレクトショップ「ライトオン」が8年ぶりの展示会を、17年にオープンした原宿旗艦店の2階プレスルームで行った。
2020年春夏は、毎日着ることができるアメカジスタイルをテーマに、ジーンズに合わせてコーディネートしたいベーシックなTシャツやオックスフォードのボタンダウンシャツなど、毎日着たくなる定番アイテムを提案していく。

「ワールドミリタリー」では、 古着をエッセンス的に取り入れることで、 大人のカジュアルに見せている。

「ワールドミリタリー」では、
古着をエッセンス的に取り入れることで、
大人のカジュアルに見せている。


トレンド感と着心地を重視した「ラグマシーン」シリーズでは、トレンドのパステルカラーを中心に透けにくい厚地のカットソーを展開。近年、夏の暑さ対策で色んな企業がビジカジを推進していることに合わせ、ライトオンでも「アメカジビス」と称して、チノパンとシャツのコーディネート提案をしていく。

古着の軍パンを研究してデザインした ワールドカーゴ

古着の軍パンを研究してデザインした
ワールドカーゴ


オリジナルブランド「バックナンバー」から派生し、2011年から展開している「ワールドカーゴ」シリーズからは「ワールドミリタリー」をテーマに、世界各国の軍モデルをベースに今風にアップデートしたアイテムを揃えた。メンズでは19年夏から発売している世界各国の軍のパンツをベースにしたパンツシリーズのほかに、N3-B、M-51、M-75など、アウターもミリタリーの古着のデザインを落とし込んだアイテムまで拡大。レディスも同様に、ミリタリー風のデザインの中にプリーツなどのフェミニンなエッセンスを取り込んだスカートやオーバーシャツなどを提案していく。

アメカジの定番、ロゴトレーナーも 古着風の色落ち感がトレンド。

アメカジの定番、ロゴトレーナーも
古着風の色落ち感がトレンド。


 2011年から展開している「和紙ジーンズ」は累計販売53万本を突破。穿き心地のよさでファンも増えてきているという。また、インバウンド需要も高まっており、来年のオリンピックイヤーに向け、さらに外国人観光客に認知しやすいようロゴにカタカナ、ローマ字表記を入れて、キャッチーに見せていく。

「フルーツ オブ ザ ルーム」初の ドッグウェアということで、注目度が高い。

「フルーツ オブ ザ ルーム」初の
ドッグウェアということで、注目度が高い。


 一部店舗で展開しているペットウェア「ノーティ ドッグ」では、人間と犬とのお揃いコーデができるアイテムを提案。世界初の試みとして、アメリカの老舗カットソーブランド「フルーツ オブ ザ ルーム」との協業でドッグウェアも展開していく。

(ファッションライター 苫米地香織)

ライトオン2020年春夏展示会 8年ぶりの展示会開催 毎日着たくなるアメカジスタイルを提案

JIAM2020 ダンス ウィズ ドラゴン ミズノ株式会社 TOYOBO シマセイキ シキボウ 株式会社デサント TEIJIN ビッグジョン ペガサス ゴールドウイン 豊和株式会社 グンゼ かまだプリント株式会社 PERTEX Elemental