MENU
TOP > 掲示板・新着NEWS > 三井物産株式会社 三井物産 アパレル事業者ビギホールディングスを完全子会社化

プレスリリリース・新着ニュース

三井物産株式会社
三井物産 アパレル事業者ビギホールディングスを完全子会社化

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 健一、以下「三井物産」)は「Papas(パパス)」「martinique(マルティニーク)」「MOGA(モガ)」「MEN'S BIGI(メンズビギ)」など国内有力アパレルブランドを擁する株式会社ビギホールディングス(本社:東京都目黒区、社長:田中 雅人、以下「ビギHD」)を完全子会社にしました。

三井物産は2018年にビギHDへ33.4%出資参画し、EC事業の強化や、「PINK HOUSE(ピンクハウス)」をはじめとするブランドの海外展開支援、英国老舗ニットブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」の導入など、ビギHDの企業価値向上に貢献してきました。今般、主要事業であるアパレル事業の更なる成長と、ファッション雑貨など周辺事業への拡張を図るため、MSD企業投資株式会社(本社:東京都千代田区、代表:安田 浩)が運営するMSD第一号投資事業有限責任組合が保有していたビギHDの株式66.6%を取得し、持株比率を100%にしました。 ビギHDは1970年の創業以来、アパレル事業にとどまらず、豊かな創造力で多様なブランドを世に送り出してきました。また、半世紀超の歴史の中で、日本全国でさまざまな販路を開拓し、傘下の約40のブランドを通じて、幅広い消費者の「世界観」に彩りを添えてきました。昨今、SNSの普及などにより、個人が自身の考えやライフスタイルを「世界観」として発信する消費者行動が加速しています。そして、一人ひとりの個性がより尊重されるようになってきています。ビギHDが強みとする創造力、販路や顧客基盤に、三井物産が有する業界横断的な連携、経営・DXのノウハウや国内外のネットワークといった総合力を掛け合わせることで、ビギHDはライフスタイル事業者として、更なる成長を目指します。 三井物産は、中期経営計画2026において「Wellness Ecosystem Creation」を攻め筋のひとつと定め、多様化する消費者のライフスタイルの質向上への貢献を目指しています。本子会社化により、アジアを中心としたグローバル市場において、ファッションをはじめとするライフスタイル事業を通じたウェルビーイングの向上を通じ、人々のより豊かで輝く暮らしの実現を目指します。

会社概要

     
会社名 株式会社ビギホールディングス
所在地 東京都目黒区
設立年 1970年(ビギホールディングス社設立:2011年)
代表取締役社長 田中 雅人
従業員数 ビギホールディングスグループ連結:約1570人
事業概要 洋服・服飾雑貨の企画製造・販売事業
ウェブサイトURL https://www.bigi-group.com/company/bigi_holdings.php
店舗数 国内約550店舗

掲示板・新着ニュース

株式会社デサント シキボウ ダンス ウィズ ドラゴン ビッグジョン ペガサス ゴールドウイン シマセイキ ミズノ株式会社 かまだプリント株式会社 ドミンゴ 豊和株式会社