MENU
TOP > 掲示板・新着NEWS > 株式会社三陽商会 「ECOALF」が伊勢丹新宿店にてポップアップストアを11月15日(水)より開催。「アップ...

プレスリリリース・新着ニュース

株式会社三陽商会
「ECOALF」が伊勢丹新宿店にてポップアップストアを11月15日(水)より開催。「アップサイクル・トルソー」を初披露
冬に向けウィメンズのアウターアイテムをフルラインアップで展開。~ 廃棄物からのリサイクル素材によるスタイリッシュなアイテムを提案 ~

三陽商会が展開するサステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ) 」は、伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフにて、11月15日(水)より2週間、ポップアップストアを開催いたします。
 ポップアップストアでは、「ECOALF」の製品のリサイクル素材に最も多く使用している原料であるペットボトル200本を装飾に用いたブランドの思想を象徴するペットボトルタワーを設置し、サステナブルファッションのメッセージを視覚的に表現。ペットボトルタワーの胴体部分には、物性・製作・廃棄における環境負荷の低減を目指し開発した「アップサイクル・トルソー」を用いて初披露いたします。  
 商品では、コート需要が高まる時期に向けウィメンズの冬物アウターをフルラインアップで展開し、最新のサステナブルアウターをご提案いたします。そのほか色鮮やかなニットアイテム、雑貨、ユニセックスでの着用として需要のあるメンズ商品も一部取り揃え、廃棄物をリサイクルした素材等を用いたスタイリッシュなアイテムを展開いたします。

伊勢丹新宿店「ECOALF」ポップアップストア出店について                                             

 「ECOALF」は、リサイクル素材や環境負荷の低い天然素材のみでつくられた衣服や雑貨を製造・販売するサステナブルなファッションブランドです。2020年3月より三陽商会が日本国内における「ECOALF」の展開をスタートさせ、現在、東京・渋谷(渋谷スクランブルスクエア)、二子玉川(玉川髙島屋S・C)と大阪・梅田(阪神梅田本店)の3店舗を展開するとともに、各主要都市にて、長期開催のポップアップストアを含めた期間限定店舗を積極的に出店しています。
 昨年2022年10月下旬に1週間開催した、伊勢丹新宿店にて初開催となったポップアップストアの好評を受け、今年はコート需要が高まる11月に開催時期を移動し期間を2週間に拡大し出店いたします。

店装   ~ ゴミが資源に生まれ変わることを伝える空間 ~

 店装には、メインのビジュアルプレゼンテーションとして、「ECOALF」の製品のリサイクル素材に最も多く使用している原料であるペットボトル200本を装飾に用いたブランドの思想を象徴するペットボトルタワーを設置し、サステナブルファッションのメッセージを視覚的に表現しています。
 ペットボトルタワーの胴体部分には、物性・製作・廃棄における環境負荷の低減を目指し開発した「アップサイクル・トルソー」を用いて店頭で初披露いたします。

初披露「アップサイクル・トルソー」について

~ 「アップサイクル・トルソー」の詳細 ~

 現在大部分のアパレルブランドの売場で使われているマネキンやトルソーは、油性ポリエステル樹脂をベースにガラス繊維が使用されています。今回、新たに開発された「アップサイクル・トルソー」は、水性アクリル樹脂+天然素材繊維に置き換えることで、限られた資源である石油の使用を抑え、製造工程における環境負荷および危険物質を低減しています。また、従来の油性ポリエステル樹脂とガラス繊維によるマネキンは複合した化学繊維であることから経年劣化した際の再利用が困難なため廃棄を余儀なくされていましたが、「アップサイクル・トルソー」は再生可能な素材のため循環型トルソーとして新しく生まれ変わることが期待されます。

 伊勢丹新宿店で初披露する「アップサイクル・トルソー」は、水性アクリル樹脂に混合する天然素材繊維として、回収された廃棄服(※)が採用されています。
 リサイクル・アップサイクルの技術が進む現在でありながら、不要になった服を回収しても、回収した服には様々な繊維が使われており異素材も混在することから、新しい服に生まれ変わらせるのは難しいのが現状です。
 「アップサイクル・トルソー」は、導入することにより、不要になった服を回収しアパレル業界で不可欠なトルソーとして再活用する新たな循環を推進する取り組みです。実店舗での「アップサイクル・トルソー」の導入は業界でもまだ珍しい事例です。
※:今回の「アップサイクル・トルソー」の資源として用いた廃棄服は、製作したマネキンメーカーの手配によるもの

~ 「アップサイクル・トルソー」今後の導入計画 ~
 今後「ECOALF」が新規出店などにより新たなトルソーが必要となる際には、全て「アップサイクル・トルソー」を導入していく計画です。そして初の取り組みとして、「ECOALF」がお客さまから回収した古着や、「ECOALF」が開催する顧客体験型のイベントなどで回収した様々な廃棄ゴミを「アップサイクル・トルソー」の資源として活用する予定です。2024年春には、異業種企業と連携して回収した資源にて「アップサイクル・トルソー」を製作することも計画しています。
 マネキンメーカーと協業して「ECOALF」が「アップサイクル・トルソー」を開発・導入し、業界へ波及していくことで、アパレル業界におけるサステナビリティの推進と社会貢献を目指します。

展開商品について

 伊勢丹新宿店のポップアップストアでは、冬の季節に向けウィメンズの冬物アウターをフルラインアップで展開。ミニマルなフォルムとニュートラルなカラーが特徴のタイムレスでサステナブルなプレミアムライン『Ecoalf 1.0』のコートを先行発売するとともに、「ECOALF」初となるリサイクルウール100%の素材によるコートや、コーヒー豆のかすを生地の原料として有効活用した「ECOALF」を象徴するKATMANDUジャケットの新モデルを揃え、最新のサステナブルアウターをご提案いたします。  そのほか、色鮮やかなニットアイテム、雑貨、ユニセックスでの着用として需要のあるメンズ商品も一部展開。海洋ゴミを回収し新たな製品に活用する取り組み「UPCYCLING THE OCEANS」により回収されたペットボトルから再生したリサイクル素材を使用したアウターやバッグなど、廃棄物をリサイクルした素材等を用いたスタイリッシュなアイテムを展開いたします。

ブランド「エコアルフ」について  

~ 地球環境を守るために服をつくる「ECOALF」 ~

「ECOALF」は、創業者ハビエル・ゴジェネーチェが自身の子どもが生まれたことを機に次の世代に残すべき世界について考え2009年にスペインで立ち上げられたサステナブルファッションブランドです。“Because there is no planet B®”(第2の地球はないのだから)をスローガンに、すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材のみで製造し販売しています。 ファッション産業が世界で2番目に環境を汚染している産業と言われる中で、ペットボトル、タイヤ、漁網などを独自の技術でリサイクルしてこれまで400種類以上もの生地を開発し新たな製品をつくり出しています。

~ SDGsの14番 ”海の豊かさを守ろう“ に繋がる活動 ~

また、海洋ゴミを回収し新たな製品に活用するプロジェクト 「UPCYCLING THE OCEANS」を推進するなど、”地球環境を守るために服をつくる“という新しい発想のエコサイクル型ファッションブランドで、特にSDGsの14番”海の豊かさを守ろう“に繋がる活動に重きを置いてブランド運営をしています。

ブランド基本情報
コンセプト: スペイン生まれのサステナブルファッションブランド。 ブランド自らが海のゴミを収集してウエアをつくるなど「地球環境を守るために服をつくる」新しい発想のブランド。

販路
店舗 :「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」、「ECOALF 二子玉川」」、 「ECOALF 梅田阪神」
    (西武池袋本店にも2024年2月下旬迄の予定でポップアップストアを展開中)
EC: 「ECOALF」ブランド公式サイト&ストア、「ELLE SHOP」
商品カテゴリー: メンズ、ウィメンズ、キッズ、シューズ、アクセサリー、ヨガ
ブランド開始年度:
スペイン 2009年ブランド設立(スペイン ECOALF社)
日本 2020年3月より展開 (三陽商会)

■「ECOALF」ブランド公式サイト&ストア
https://store.sanyo-shokai.co.jp/pages/ecoalf

■SNS
Instagram https://www.instagram.com/ecoalf_japan
X(旧Twitter) https://twitter.com/ecoalf_japan
Facebook https://www.facebook.com/ecoalfjapan/

掲示板・新着ニュース

ビッグジョン ダンス ウィズ ドラゴン 株式会社デサント ミズノ株式会社 豊和株式会社 ドミンゴ ゴールドウイン カイハラデニム かまだプリント株式会社 ペガサス シキボウ シマセイキ