書籍紹介
TOP > 掲示板・新着NEWS > 電通 需要予測を活用したコンサルティングサービス「ミチシロウ」提供開始 ビッグ...

プレスリリリース・新着ニュース

電通
需要予測を活用したコンサルティングサービス「ミチシロウ」提供開始
ビッグデータから需要のタイミングを予測し、企業のマーケティング活動を包括的に支援

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、需要予測を活用したコンサルティングサービス「ミチシロウSM」※の提供を開始します。気象データや購買データなどのさまざまなデータを用いて予測モデルを作成し、消費者の需要が高まるタイミングの捕捉から対応策の実施まで、企業のマーケティング活動を包括的に支援します。将来の需要変化を短期・中期・長期といった観点で分析し、広告販促はもちろん、生産・物流などのサプライチェーンマネジメント(SCM)、仕入・品揃えなどの店頭施策、これらを含むマーケティング戦略といった、幅広い領域での効果改善に貢献することを目指します。

<ミチシロウのロゴ>
「ミチシロウ」は、未来の需要を知って(未知)、マーケティングの向かうべき道を知ろう、という意味からつけられたネーミング

昨今、企業のマーケティング活動は高度化・複雑化しています。デジタルテクノロジーの進化により顧客のニーズは多様化し、より良い顧客体験を実現するためには、生活者のニーズが高まるタイミングを逃さないアプローチが必要です。ところが「予測モデルに必要なデータが蓄積されていない」「予測データを打ち手に反映することが難しい」などの理由から、顧客体験価値の向上の視点で需要予測を導入することは容易ではありませんでした。

 当該課題に対して、当社ではすでに一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、理事長:長田 太)と共に「Weather Enhanced Marketing」(WEM)プロジェクトを発足。独自開発した需要予測モデル「ウレビヨリ」を活用し、清涼飲料水・アルコール飲料・アイスクリームといった気象と関連の深い品目において、需要が高まるタイミングにマーケティング施策を実施できるよう、広告出稿時期や出稿量の最適化などの支援を行っています。

 さらに、今回開発した「ミチシロウ」は、「ウレビヨリ」で培った需要予測活用ノウハウを生かし、気象データに加え、購買データ、広告出稿データ、テレビ番組データ、SNSデータ、その他のユニークな時系列データといったバリエーション豊かなデータを用いて予測モデルを作成し、広告領域にとどまらないSCM・店頭・戦略までのマーケティング全体領域において、売上拡大やコスト削減といったマーケティングを包括的に支援するコンサルティングサービスです。個別企業・団体のサービスの特徴・特性に合わせ、需要と大きく関係する影響因子やその背景にある顧客インサイトを読み解き、新たに創出可能な顧客体験価値までを視野に入れたマーケティング機会を探究します。また業務効率化にも寄与することも可能です。そして、その機会獲得に向けた各種プランニング・情報提供・オペレーション支援といったサービスを提供し、企業の競争力を高めることに貢献します。  また、ミチシロウは関連する各領域の施策実施までを視野に、戦略と実行を融合させたソリューションを目指し、施策領域においては電通クロスブレイン(本社:東京都港区、社長:川邊 忠利)をはじめ国内電通グループ各社との連携により実行してまいります。

<「ミチシロウ」サービス概要>

●「ミチシロウ」概念図

掲示板・新着ニュース

電通 需要予測を活用したコンサルティングサービス「ミチシロウ」提供開始 ビッグデータから需要のタイミングを予測し、企業のマーケティング活動を包括的に支援 (2021.9)

ゴールドウイン シキボウ かまだプリント株式会社 ビッグジョン ペガサス ダンス ウィズ ドラゴン ミズノ株式会社 PERTEX Elemental シマセイキ 株式会社デサント 豊和株式会社 TEIJIN