住友ゴム工業、ダンロップスポーツマーケティング テニスブランド「ダンロップ」
秋冬シーズンからトータル展開が本格化

update: 2020/01/22

秋冬シーズンからトータル展開が本格化する テニスブランドの「ダンロップ」

秋冬シーズンからトータル展開が本格化する
テニスブランドの「ダンロップ」

住友ゴム工業およびダンロップスポーツマーケティングが手掛けるテニスブランド「ダンロップ」のトータル展開が、2020年秋冬シーズンから本格化する。「ダンロップ」ブランドにおいて秋冬商戦からは、ラケットやシューズ、アパレル、ガットなど主要な商材が出揃う予定だ。

主要各社の業績展望Vol.5 「ヨネックス」
バドミントン用品、アジアが貢献

update: 2020/01/21

ヨネックス、2018年度・2015年度 財務数値一覧(表1)

ヨネックス、2018年度・2015年度
財務数値一覧(表1)

2020年度のスポーツ主要各社の業績展望の最終回は、ヨネックスを取り上げる。バドミントンを強みにし、着実に業容を拡大してきた。今期はやや伸び悩んでいるが、収益性は安定している。アジアビジネスが堅調である。

主要各社の業績展望Vol.4 「ゴールドウイン」
1年前倒しで中計目標を達成する勢い

update: 2020/01/20

ゴールドウイン、2018年度・2015年度 財務数値一覧(表1)

ゴールドウイン、2018年度・2015年度
財務数値一覧(表1)

2020年度のスポーツ主要各社の業績展望の第4回目は、ゴールドウインを取り上げる。「ザ・ノース・フェイス」を筆頭にアウトドア関連ビジネスが好調で、第2四半期および通期(2020年3月期)の業績見通しを上方修正した。中期経営計画の最終年度である2020年度(2021年3月期)を待たずして、1年前倒しで数値目標を達成しそうな勢いだ。

デサントジャパン、ゴルフウエアビジネス 2020年春夏シーズン
「デサントゴルフ」、ECビジネスで2ケタ増を目指す

update: 2020/01/17

デサントジャパン、 伊藤隆明執行役員第2部門長

デサントジャパン、
伊藤隆明執行役員第2部門長

デサントジャパンは2020年春夏シーズンのゴルフウエアビジネスにおいて、付加価値の高い機能性商材を強化、投入する。売上目標は前年同期比並みだが、好調な「デサントゴルフ」やECビジネスでは、2ケタ増を目指す。

主要各社の業績展望Vol.3 「デサント」
カギを握るアジアビジネスの成長

update: 2020/01/16

デサント、2018年度・2015年度 財務数値一覧(表1)

デサント、2018年度・2015年度
財務数値一覧(表1)

2020年度のスポーツ主要各社の業績展望の第3回目は、デサントを取り上げる。今期(2020年3月期)は経営陣が刷新されたほか、収益の柱の1つである韓国ビジネスの苦戦で業績が伸び悩むなど、波乱含みの1年だった。中期的には、再び成長路線に載るべく、次の一手を模索している状況だ。

主要各社の業績展望Vol.2 「アシックス」
2020年は“飛躍の年”に位置付け

update: 2020/01/15

アシックス、2018年度・2015年度 財務数値一覧(表1)

アシックス、2018年度・2015年度
財務数値一覧(表1)

2020年度のスポーツ主要各社の業績展望の第2回目は、アシックスを取り上げる。中期計画では、2020年を“飛躍の年”に位置付けている。その下地作りとして重要視しているのが、2019年度だった。通期(2019年12月期)の業績発表はまだだが、微増収増益を目標にしていた。