アシックス、中計達成のための「アクションプラン」に挑戦中

update: 2019/01/15

アシックス、2018年12月期 通期見通し(表1)

アシックス、2018年12月期
通期見通し(表1)

国内上場スポーツメーカーで売上規模が最大のアシックス。2018年12月期の連結決算がまもなく開示される(例年2月半ば)。収益に貢献してきた米州および欧州ビジネスの不振が響き、通期は減収減益の見通しである。昨秋、中期計画達成のための「アクションプラン」を策定し、収益性の回復に本腰を入れ始めた。通期見通しのポイントをまとめた。

外資系スポーツ上場企業4社、2018年度 第2四半期まとめ
アンダーアーマーを除く3社が増収増益の傾向

update: 2019/01/11

外資系スポーツ上場企業4社、2018年度 第2四半期 財務数値一覧(表1)

外資系スポーツ上場企業4社、2018年度
第2四半期 財務数値一覧(表1)

主要な外資系スポーツ上場企業4社の2018年度の第2四半期決算を取り上げる。対象企業はナイキ、アディダス、プーマ、アンダーアーマーの4社。ナイキを除く3社が12月期だ。ナイキのみ5月期のため、決算期は揃わないが、各社の業績推移を判断する補足資料の意味合いでレポートする。

エービーシー・マート、2019年2月期 第3四半期
主力の「スポーツ」が堅調、増収増益に

update: 2019/01/10

エービーシー・マート、2019年2月期 第3四半期 財務数値一覧(表1)

エービーシー・マート、2019年2月期
第3四半期 財務数値一覧(表1)

エービーシー・マートの2019年2月期第3四半期(3-11月)の連結決算は、主力の「スポーツ」が堅調に推移したこともあり、増収・微増益となった。国内外の出店も順調に進んだ。台風など自然災害の影響は限定的だったという。

ヒマラヤ、2019年8月期 第1四半期
一般スポーツが苦戦し減収、損失を計上

update: 2019/01/09

ヒマラヤ、2019年8月期 第1四半期 財務数値一覧(表1)

ヒマラヤ、2019年8月期 第1四半期
財務数値一覧(表1)

ヒマラヤの2019年8月期第1四半期(9-11月)の連結決算は、一般スポーツやゴルフが苦戦し減収し、損失を計上するに至った。売上高総利益率(粗利率)は、価格競争の影響が大きいECの比率が高まっているため、減少に転じた。

NIKE,Inc. 2019年5月期 第2四半期
主力の北米が好調、増収・増益を達成

update: 2019/01/07

ナイキ、2019年5月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

ナイキ、2019年5月期 第2四半期
財務数値一覧(表1)

NIKE,Inc.(ナイキ社)の2019年5月期第2四半期(6-11月)の連結決算は、主力の「North America」(北米)市場が好調だったこともあり、増収・増益を達成した。全地域で、増収増益となった。デジタル関連への投資効果が表れているようだ。

2019年のスポーツ市場を俯瞰する
いよいよ始まる“ゴールデン・スポーツイヤーズ”

update: 2019/01/04

2019年の初頭に、今年のスポーツ市場の動向を俯瞰してみる。巷間、多くの人達が指摘していることだが、毎年立て続けに国際規模のスポーツ競技大会が日本で開催されるといういわゆる“ゴールデン・スポーツイヤーズ”がいよいよ始まる。各種メディアにおけるスポーツ関連ニュースの露出が増え、スポーツ業界の“熱量”も高まることは間違いないだろう。現時点で想定される動向や傾向について、まとめた。