エスエスケイ、ベースボール 2021年春夏展
グラブを再強化

update: 2020/07/08

主力商材の1つ、グラブを再強化 (写真は「プロエッヂ」)

主力商材の1つ、グラブを再強化
(写真は「プロエッヂ」)

エスエスケイは2021年春夏シーズンのベースボールにおいて、主力用具の1つグラブの立て直しを進める。アパレルでは、新しいアイテムの追加や春夏を意識したクーリング商材を投入する。スパイクシューズでは、インソールの提案も拡充する。

アシックス、直営ビジネス
日本、欧州が復調

update: 2020/07/07

日本、Week26までの推移(表1)

日本、Week26までの推移(表1)

アシックスが国内外の主要マーケットにおける6月28日までの直営ビジネスの売上推移を公表した。リアル店舗の営業が再開した日本や欧州は復調傾向。中国は前年比を上回っている。一部営業を再開した米国は売り上げを確保し始めた。

帝人フロンティア、2021年春夏展示会
初のバーチャル展を開催

update: 2020/07/06

新素材の 「SOLOTEX ECO−Hybrid」

新素材の
「SOLOTEX ECO−Hybrid」

帝人フロンティアが7月1日から、オンライン上でバーチャルの展示会を開催している。新型コロナウイルスの影響で“三密”を避ける必要があるための措置だ。通常は2-3日程度の開催日程だが、「バーチャル総合展 2021S/S」は9月30日までの1カ月半、サイトを運営する計画だ。

NIKE,Inc. 2020年5月期 連結決算
コロナ禍が影響、減収減益に

update: 2020/07/03

NIKE,Inc.の2020年5月期は減収減益に

NIKE,Inc.の2020年5月期は減収減益に

NIKE,Inc.(ナイキ社)の2020年5月期連結決算は、コロナ禍が影響し減収減益に至った。第4四半期(3-5月)の落ち込みが大きく、収益が伸び悩んだ。「Greater China」(中華圏)の回復が早く、増収増益を達成した。「DTC」(Direct To Consumer)は増収したが、「Wholesale」(卸)が売上減となった。

ミズノ、高反発性のソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発
エネルギーロスを軽減する機能性を発揮

update: 2020/07/02

高反発のソール素材「MIZUNO ENERZY」を採用した コンセプトモデル「THE MIZUNO ENERZY」

高反発のソール素材「MIZUNO ENERZY」を採用した
コンセプトモデル「THE MIZUNO ENERZY」

ミズノが7月1日、独自の高反発のソール素材「MIZUNO ENERZY」(ミズノ エナジー)を開発したと発表した。併せて、同素材を採用したコンセプトモデル、及びランニングシューズ「WAVE DUEL NEO」(ウエーブデュエルネオ)を発売することも明らかにした。新素材「MIZUNO ENERZY」は今後、様々な種目や分野へ平行展開していく方針だ。

アシックスのバレーボール ビジネス

update: 2020/06/30

バレーボール日本代表の西田有志選手と アドバイザリー契約を締結

バレーボール日本代表の西田有志選手と
アドバイザリー契約を締結

アシックスが世界的な主力カテゴリーの1つに位置付ける「バレーボール」ビジネス。その強化策の1つとして、アシックスジャパンがこのほど、バレーボールの日本代表の西田有志選手とアドバイザリー契約を結んだ。新モデルのバレーボールシューズ「METARISE」を使用する。