TOP > 財務分析レポート > 主要上場スポーツ企業5社、2024年3月期 ...

主要上場スポーツ企業5社、2024年3月期 連結決算まとめ──過半数のメーカーが増収増益を達成

update: 2024/05/20

主要上場スポーツ企業5社、2024年3月期まとめ(表1)

主要上場スポーツ企業5社、2024年3月期まとめ(表1)

主要上場スポーツ企業5社の2024年3月期連結決算をまとめた。過半数のメーカーが増収増益を達成した。ゼットを除く4社が好業績を挙げた。過去最高の収益を更新するケースも多く見られた。

過去最高の収益を更新するケースも

対象にしたのは、美津濃(ミズノ)、デサント、ゴールドウイン、ヨネックス、ゼットの5社(順不同)。いずれも2024年3月期の企業である。

ミズノの連結売上高は2,297億1,100万円(8.3%増)と増収。売上総利益率(粗利率)は39.6%(1.4ポイント増)と改善、営業利益が172億7,900万円(33.5%増)の増益となった。経常利益も192億8,800万円(37.4%増)、当期純利益143億1,100万円(44.4%増)で、過去最高の収益を更新した。主力の「日本」が1,414億円(7.5%増)とけん引役になり、売上高、営業利益が過去最高を記録した。

デサントの連結売上高は1,269億8,900万円(5.3%増)で増収。粗利率が過去最高の59.5%(2.1ポイント増)と改善。営業利益は87億4,000万円(12.2%増)と2ケタの増益、経常利益が157億2,900万円(34.8%増)で過去最高益を更新した。当期純利益は120億1,400万円(13.9%増)で過去最高を記録した。

ゴールドウインの連結売上高は1,269億700万円(10.3%増)と2ケタの増収。「TNF」のファッションウエアがインバウンド需要を取り込み、直営・卸ともに健闘した。粗利率は52.9%(0.7ポイント増)。販管費率も増えたが、増収分で吸収し、営業利益は238億4,700万円(8.9%増)の増益となった。経常利益も326億100万円(16.1%増)と2ケタの伸びだった。

ヨネックスの連結売上高は1,164億4,200万円(8.8%増)と増収。粗利率は44.3%(1.4ポイント増)と改善した。日本の粗利が改善したほか、販管費率の増加が抑えられたこともあり、営業利益は116億1,100万円(15.4%増)と増益を達成した。経常利益も121億9,500万円(22.4%増)、当期純利益も88億5,900万円(20.8%増)とそれぞれ2ケタの増益となった。