MENU
TOP > 掲示板・新着NEWS > コーチ コーチ、Fall 2024 コレクションを発表 コーチは、James B. Duke House (ジェームズ B デュー...

プレスリリリース・新着ニュース

コーチ
コーチ、Fall 2024 コレクションを発表
コーチは、James B. Duke House (ジェームズ B デューク ハウス) でランウェイショーを開催し、Fall 2024 コレクションを発表しました。

このコレクションでは、今の世代によってリニューアルされたヘリテージというクリエイティブ・ディレクター、スチュアート・ヴィヴァースのビジョンが改めて披露され、コーチのオーセンティックなニューヨークのレガシーとラグジュアリーのコードが、セルフ エクスプレッション (自分らしさの表現) のレンズを通して再構築されました。

アメリカン クラシシズムをユースフルなカウンターカルチャーのアティテュードと共存させるというヴィヴァースのビジョンをさらに進化させたこのFall 2024 コレクションでは、レザー、デニム、コットンで仕立て、個性とストーリー性のある服の美しさと価値を伝えるために、あえて愛情を込めてディストレス加工を施すことで、ヘリテージの原型を示しています。アウターウェアでは、トレンチコート、レザーやシアリングのジャケットなど、コーチのアイコンを継承しつつ、ワークウェアから取り入れたディストレス素材を使ったカーディガンジャケットの再解釈も提案されています。さらに、テーラリングとドレスのシルエットが追求され、タキシードジャケットとパンツが、コーチのユニークなクレストとショーを歩いたモデルのイニシャルとラストネームを刺繍することでカスタマイズされたカレッジフーディーやスクールブレザーと鮮やかなコントラストを描いています。

Fall 2024 コレクションにおいても、愛用されたコーチのバッグや素材に第二の人生を与えるサーキュラークラフトを探るプログラム "COACH (Re)Loved (コーチ リラブド)" も引き続き登場し、再生素材をパッチワークし新しいデザインに仕上げたデニム、レザー、シアリングのアイテムも発表されました。タフタのパーティードレスも、カウンターカルチャーを感じさせるトップスとスカートに生まれ変わっています。サステイナビリティとサーキュラリティのレンズを通してクラフトを再定義するというヴィヴァースのビジョンの一環として、コーチはコレクションを通して再生可能な素材を使用し続けることで、こうした素材を日常的に使っていくという新たな基準も打ち立てています。

レザーグッズでは、レガシーなシルエットにプレイフルなプロポーションを取り入れた "ニューヨーク" コレクションが発表され、コーチのアイコニックなレザーを使用した "Brookelyn(ブルックリン)" バッグと "Empire Carryall(エンパイア キャリーオール)" がデビューを飾りました。 アイコンの "Tabby (タビー)" バッグもニューバージョンの "Times Square Tabby(タイムズ スクエア タビー)" が、愛着をもって使い込んだように見えるウォッシュドナッパレザーとベルベットで登場しました。ルックに仕上げのタッチを添えたのが、エンパイア ステート ビルディングや自由の女神、イエローキャブ、モデルそれぞれに宛てたパーソナルなメッセージが入ったポストカードなどのニューヨークみやげにインスパイアされたチャームの数々。

ヴィヴァースは次のように述べています。「私のFallに対するビジョンは、ラグジュアリーコードの原型を、今のニューヨークのプログレッシブ(先進的)なスピリットを通して見直すというものでした。今も昔もラブストーリーの舞台となってきたニューヨークという街、そしてここでしか感じることのできないロマンチックで絵画のような美しさと、リアルでスポンテニアス (自発的) なものとの間の緊張感にインスパイアされたのです。愛着をもって着古したような風合いや再利用された素材を慈しみ、大切に使うことは、このビジョンにとって非常に重要なポイントです。私たちにとってそれは、今ここにいることに歓びと目的を見出し、次の世代の人々が彼ら自身のやり方でヘリテージというものを改めて見直すことができるようにすることでした。」

*ブランドアンバサダーのKōki,、Young-ji Lee(イ・ヨンジ)や、Camila Mendes(カミラ・メンデス)、Tommy Dorfman(トミー・ドーフマン)を含むグローバルで活躍するセレブリティが集結し、フロントロウを飾りました。

ニューヨークのアッパーイーストサイドにあるJames B. Duke House (ジェームズ B デューク ハウス)で開催されたショーでヴィヴァースのビジョンに命を吹き込んだのが、コーチのアーカイブにインスパイアされた会場装飾と、コレクションのアティテュードやストリートキャストのモデルとのコントラスト。親密さと、誰もが自由に自分らしさを表現できる空間を重視したこのショーは、ゲストにフロントロウでコレクションを見てもらい、コーチ ファミリーが会場に入る際には自らIDカードに記入するようにすることで、"ニューヨークのコーチ クラブ" を訪れるイメージで演出されました。サウンドトラックには、音楽監督を務めたザ・ストロークス (The Strokes) のファブリツィオ・モレッティ (Fabrizio Moretti) による新作を含む「ムーン・リバー」のバージョンがフィーチャーされました。

Coach Japan Instagram 公式アカウントはこちら。 ​日本の皆様にコーチのクラフトマンシップやブランドの世界観についてより理解を深めていただけるコンテンツを充実させていきます。是非フォローしてください。
@coach_japan; #CoachJapan

EDITORIAL CREDIT: Coach
IMAGE LINK: https://coachinc.sharepoint.com/:f:/s/CJMKTEcom/EvzIjMSqCiVBgSD2wzy0iCUB-XW6pkc9CQn8au5auIFn-w?e=pzPgra
https://bfa.com/events/43720/share/94f91d82eb4a75
SOCIAL MEDIA: @Coach; @coach_japan; @koki; @mmkemio; #CoachNY; #CoachJapan; #CoachFall24

【お問い合わせ先】
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
0120-556-750(オンライン掲載)
https://www.coach.com

コーチについて
コーチは、1941年にニューヨークで創立したグローバルファッションブランドです。クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァースのビジョンと、私たちのホームタウンであるニューヨークの、誰をも受け入れる姿勢(インクルーシブ)、そして勇気ある精神にインスパイアされ、誰もが自分らしくいられるように、永く愛される美しいものづくりを行います。
コーチは、タペストリー・インクの所有するブランドのひとつです。タペストリーは、ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボルTPRで上場しています。

掲示板・新着ニュース

シマセイキ ペガサス ダンス ウィズ ドラゴン ミズノ株式会社 豊和株式会社 ビッグジョン ゴールドウイン 株式会社デサント シキボウ ドミンゴ かまだプリント株式会社