MENU
TOP > 掲示板・新着NEWS > リーバイ・ストラウス ジャパン 株式会社 501®の150周年を祝い、リーバイス®原宿フラッグシップストア...

プレスリリリース・新着ニュース

リーバイ・ストラウス ジャパン 株式会社
501®の150周年を祝い、リーバイス®原宿フラッグシップストアにて
自分だけの501®をつくるスペシャルカスタマイズや501®の150年の歴史を体感できる展示、アーティストによるワークショップイベントも

Levi’s®は2023年5月20日、リベットで補強したパンツ=世界で初めのブルージーンズの誕生から150周年目を迎えます。この記念すべき150周年に、Levi’s®は、ブランドの起源であるサンフランシスコを中心に、『Greatest Story Ever Worn(最高の物語を穿こう)』をテーマに、世界各地で様々なキャンペーンやイベントを行ってきました。日本では、5月13日(土)から5月28日(日)まで、リーバイス® 原宿 フラッグシップストアにて、Levi’s®のカスタマイズステーション Tailor Shopの150周年の特別カスタマイズサービス、週末には日本を代表する3人のアーティストとのワークショップや、歴史的なアーカイブアイテムの展示、といった様々なコンテンツから成るアニバーサリーイベント「150th Anniversary 501® Experience」を開催します。

イベント開催中は、通常リーバイス® 原宿 フラッグシップストアの3階にあるカスタマイズステーション『Levi’s® Tailor Shop』が1階フロアに拡張。メモリアルなスレーキパッチやアーカイブパッチのカスタマイズや、自身でデニムへのペイントスプラッシュを体験できる他、様々な150周年の特別なカスタマイズをお楽しみいただけます。

また、期間中の週末には、毎週アーティストを招いたワークショップを開催。購入した501®はもちろん、思い出の詰まった手持ちの501®にも、ステンシルやカリグラフィ、シルクスクリーンなど、アーティストと一緒にカスタマイズを施し、世界にたった一本の自分だけの501®をつくることができます。

イベント初日となる5月13日(土)には、Levi’s®の創始者リーバイ・ストラウスと同じ名を持ち、サンフランシスコ、東京、京都と拠点を移しながら、自然が示す真実に向き合い、独自の世界観を表現するアーティストLevi Pata(リーバイ・パタ)氏のアートが501®と融合するワークショップセッションを開催。

そしてブルージーンズの誕生日である5月20日(土)には、1950 ~ 60 年代のUS カウンターカルチャーの影響を色濃く受けたシニカルなタッチが個性的なアーティスト 花井祐介氏を迎え、アメリカンカルチャーと日本のセンスがマッチした、Levi’s®ならではのスペシャルなカスタマイズを提案します。

さらに、5月20日(土)- 21(日)には、150年の歴史を体感することができる秘蔵の501®を展示。リーバイス®の501XXの歴史と51本のビンテージジーンズの写真や資料を収録した書籍『THE 501 XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS』の著者であり、日本のビンテージデニムシーンを牽引するビンテージショップSMILeYの協力のもと、初期の501®モデルである1890年の501®を特別に展示します。

そして、イベントの最後を締めくくるのは、独特の感性で自然や生き物を捉え、看板や宣伝美術、ウィンドウに絵を描く絵描きのLee Izumida(リー イズミダ)氏が登場。自身も501®ラバーである彼女が提案する、廃棄前のデニムを再利用したワッペンは、不要なものに新しい命を吹き込み、ジーンズというそれ自体がサステナブルな存在であるLevi’s® 501®にぴったりのワークショップを行います。

ワークパンツを補強する銅製リベットの特許を取得することから始まった501®。この150年の間に作られた衣服の中で、最も象徴的で影響力のあるアイテムとなった501®は、時にはルールを破り、文化や世代を超えて、自己表現を投影するためのすべての人のキャンバスとなりました。501®という真っさらなキャンバスに自由に自身のスタイルを描いて、あなただけのGreatest Story Ever Worn(最高の物語を穿こう)を紡いでください。

<イベント概要>
「150th Anniversary 501®Experience」
期間:2023年5月13日(土)−5月28日(日)
場所:リーバイス® 原宿 フラッグシップストア
渋谷区神宮前6−16−12

常設イベント
2023年5月13日(土)から5月28日(日)までのイベント期間中、150周年を記念した期間限定の501®のスペシャルなカスタマイズメニューをご用意します。
・150周年記念スレーキパッチ

期間中にリーバイス®ストアで501®を購入した方に、150周年記念スレーキパッチの縫い付けサービスを行います。日付をその場で印字することもできます。将来、150周年の年に買った501®はメモリアルなものになること間違いなしです。※アウトレットで購入した501®、私物の501®は対象外

・アーカイブワッペンカスタマイズ

1910年代~1990年代まで実際にリーバイス®が使っていた過去のロゴやラベルをモチーフにしたワッペンカスタマイズが実現!リーバイス®の歴史を感じること個性豊かなワッペンが揃います。※数量限定※持ち込み可

・ペイントカスタマイズ
通常、テーラーが行うメニューを期間限定でDIYブースを設置し、そこで人気のペイントカスタマイズを体験することができます。※持ち込み可

週末限定ワークショップ
日程:
5月13日(土)WORKSHOP with Levi Pata
5月20日(土)WORKSHOP with 花井祐介
5月27日(土)-28(日)WORKSHOP with Lee Izumida

時間:
12:00-18:00(最終受付17:00)

事前予約受付:リーバイス®レッドタブ™メンバページの受付フォームからご応募いただいた方の中から抽選で各日5組10名様のワークショップ優先枠をご用意しております。※応募にはリーバイス®レッドタブ™メンバー&メルマガ登録が必要です。
事前受付締め切り 2023年5月5日(金)
ワークショップの詳細はこちら https://www.levi.jp/2023ss_Harajuku-info

花井祐介 / Yusuke Hanai
URL / http://hanaiyusuke.com
Instagram / @hanaiyusuke

HP: https://izumidalee.com
instagram: @izumidalee

501®DAY 限定1890年501®アーカイブ展示
日時:5月20日(土)-5月21日(日)11:00-19:00
初期の501®モデルである1890年の501®を特別に展示します。

About the Levi’s® brand
1873年に世界で初めて「ジーンズ」を誕生させ、 1890年には 501®を発表、「伝統と革新」というコンセプトのもとに様々な銘品を世に贈る Levi's®。いつの時代も核となってきた 501®を中心に新しいスタンダードを打ち出し続ける Levi's®ジーンズは、時代を切り拓いてきた世界中のパイオニア達に愛され、今もなお、最良の定番として愛され続けています。2019年には、ブランドアイコンである 501®が、時代と共に変化する価値観を超えて、スタンダードであり続ける力を持ったデザインを顕彰する賞であるグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。  

About Levi Strauss & Co.
Levi Strauss & Co.(リーバイ・ストラウス&カンパニー)は、世界最大のブランドアパレル企業の一つであり、ジーンズウェアのグローバルリーダーです。同社は、Levi's®、Dockers®、Signature by Levi Strauss & Co.™、Denizen®、Beyond Yoga®のブランドで、メンズ、ウィメンズ、またキッズに向けたジーンズ、カジュアルウェア、アクセサリーをデザイン、販売しています。同社の製品は、小売店、百貨店、オンラインサイト、そして世界各地にある約3,200のブランド専用店舗やショップインショップを通じて、世界110カ国以上で販売されています。Levi Strauss & Co.の2021年の純収益は58億ドルと発表されています。詳細については(http://levistrauss.com)、会社のニュースや発表については(http://investors.levistrauss.com)をご覧ください。

掲示板・新着ニュース

ドミンゴ ダンス ウィズ ドラゴン カイハラデニム 株式会社デサント ミズノ株式会社 ゴールドウイン 豊和株式会社 シキボウ ペガサス シマセイキ かまだプリント株式会社 ビッグジョン