書籍紹介
TOP > 掲示板・新着NEWS > 株式会社三陽商会 「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」9/17(土)オープン。旗艦店として国内3店舗目...

プレスリリリース・新着ニュース

株式会社三陽商会
「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」9/17(土)オープン。旗艦店として国内3店舗目を出店【サステナブルファッションブランド「エコアルフ」】
廃棄予定の木製ハンガーを「ECOALF」のハンガーにアップサイクルし店頭で活用 ~ゴミが資源に生まれ変わることを、空間を通して表現~

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江 伸治)は、ヨーロッパ発のサステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」の国内3店舗目となる店舗を、駅直結の複合施設「渋谷スクランブルスクエア」7階に、ブランドの旗艦店として9月17日(土)にオープンいたします。
店舗では海洋ゴミや原料のリサイクル工程をディスプレイし、廃棄物が資源に生まれかわることを、空間を通して表現します。また、三陽商会として初の試みとして、当社の各ブランドが店頭で使用していた廃棄予定の木製ハンガーを「ECOALF」のハンガーにアップサイクルし、店頭にて一部使用します。

展開商品は、リサイクル素材や環境負荷の低い天然素材のみでつくられたウエアをはじめ、ブランドの主力アイテムであるスニーカーにおいては、店内の入口壁面に50種類ディスプレイし豊富に展開いたします。オープンを記念し、リサイクルペットボトルからつくられた福井県鯖江市(さばえし)産のアイウエアや、環境問題の解決に向けて継続的に協業に取り組んでいるパナソニック ホールディングス株式会社(以下、パナソニックHD)とのコラボ商品を同店限定で発売いたします。
9月15日(木)~9月21日(水)の期間には、オープニングイベントとして、「渋谷スクランブルスクエア」7階のイベントスペース「L×7(エルバイセブン)」にて、ブランドの軌跡や思想を表現したエキシビションを実施いたします。

今回の出店について

「ECOALF」は、 Ecoalf Recycled Fabrics, S.L.(エコアルフ リサイクルド ファブリクス/本社:スペイン・マドリード、以下 Ecoalf社)による、リサイクル素材や環境負荷の低い天然素材のみでつくられた衣服や雑貨を製造・販売するサステナブルなファッションブランドです。
三陽商会は、2020年3月より日本国内における「ECOALF」の展開を担い、現在、東京・二子玉川(玉川髙島屋S・C)と大阪・梅田(阪神百貨店)に店舗を展開しています。旗艦店の出店を図る中、サステナブルなライフスタイルとファッションをけん引する年代のお客さま層に身近な施設であることから、「渋谷スクランブルスクエア」へ出店することとしました。
 
店装     ~ ゴミが資源に生まれ変わることを伝える空間 ~

「ECOALF」は新店舗をオープンする際、その都市の文化やアイデンティティに基づいた空間設計をテーマとしており、この度オープンする「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」では、「Re-mix(リミックス)」という空間コンセプトを掲げています。Recycle、Reuse、Retryなどのワードと、ストリートカルチャー・ポップカルチャーをはじめ様々な文化の拠点である東京・渋谷をイメージした空間をつくりました。
店装には、再生可能な資源である鉄やコンクリートを主材料として使用し、床面を活用したガラス張りディスプレイには、製品の原料となるペットボトル・漁網などの海洋ゴミや、原料が再生される過程のチップやペレットなどを展示。店舗奥に設置したスクリーンからの映像と合わせて、廃棄物が資源に生まれ変わることや、ブランドのメッセージを発信します。
壁面や店内のガラスパネルには、ブランドスローガンである「BECAUSE THERE IS NO PLANET B®」(第2の地球はないのだから)、「Waste is only waste if you waste it.」(ゴミは無駄にするからムダになる。) といったメッセージをステッカーでデザインし、渋谷のストリート感を表現します。

~ 廃棄予定の木製ハンガーを再利用 ~                                 製品を掛けるハンガーは、当社の各ブランドが店頭で使用していた廃棄予定の木製ハンガーを、「ECOALF」のハンガーにアップサイクルしたものを一部使用します。これは、かねてより協業しているパナソニックHDが手掛ける植物由来のセルロースファイバー成形材料「kinari(キナリ)」をつくる技術により実現した、当社しては初の試みで、今回は試作として25本製作しました。

「kinari」とは・・・
従来の石油由来樹脂とほぼ同じ性質をもちながら、基本的には半分以上が植物繊維で出来ている資源循環型社会の構築を目指したサステナブルな素材。
パナソニックHDが石油由来の樹脂の使用量を減らすことを目的に2015年から研究開発を推進。間伐材などから得られた木材繊維(パルプ)を微細化したバイオマス素材であるセルロースファイバーを樹脂(ポリプロピレン)に混ぜ込む複合加工技術により開発が推進されている素材です。

展開商品     ~Z世代にも取り入れやすい商品展開 ~

展開商品は、「ECOALF」の6つのカテゴリー<ウィメンズ・メンズ・キッズ・シューズ・アクセサリー・ヨガ>の構成の中から、<ウィメンズ・メンズ・シューズ・アクセサリー>の4カテゴリーを中心に展開。ウエアはコート・アウターからニット・カットソー、ボトムスまでデイリーウエアを中心としたフルラインアップで展開します。
ブランドの主力アイテムであるスニーカーは店内の入口壁面に50種類ディスプレイし豊富に取り揃えます。雑貨ではバッグをはじめ、シーズンごとにカラー展開を変えギフトにも人気な9色展開の飲料携帯用ボトルなど、サステナブルなライフスタイルに寄り添うアイテムを展開いたします。そして、Z世代をはじめとした20代・30代のお客さま層を想定し、オーバーサイズの着こなしができるアイテムや、多彩なバリエーションのロゴアイテムなどストリートテイストを意識した品揃えを図ります。
~ブランド初となる「アイウエア」アイテムを店舗限定品として発売~
また、「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」の限定販売品としてリサイクルペットボトルからつくった福井県鯖江市産のアイウエアや、パナソニックHDとのコラボ商品をオープン日に発売いたします。同店先行発売品もご用意いたします。

<展開商品の一例>  すべて税込価格表記 

他社との取り組み

「ECOALF」は環境問題の解決に向けて、他業種の企業や行政と協力することで、新たな循環の創出を模索しています。その中の1つ、パナソニックHDとは2021年より継続的に取り組みを進めており、主に植物由来のセルロースファイバー成形材料「kinari」を活用して「ECOALF」の雑貨製品やボタンなどの副資材を共同開発しています。「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」のオープンにあたっては、前述のとおり、当社の廃棄予定の木製ハンガーを再利用するために、ハンガーの木製部分を「kinari」に活用したアップサイクルハンガーを製作。オープニングイベントでは新たな取り組みについても紹介していきます。

 

 

 

「kinari」 ホームページ URL  https://www.panasonic.com/jp/company/ppe/molddie/kinari.html

ブランド基本情報
コンセプト: スペイン生まれのサステナブルファッションブランド。
ブランド自らが海のゴミを収集してウエアをつくるなど「地球環境を守るために服をつくる」新しい発想のブランド。
販路:店舗 「ECOALF 二子玉川」」、 「ECOALF 梅田阪神」、「ECOALF 渋谷スクランブルスクエア」
   EC 「ブランド公式サイト」、「ELLE SHOP」
商品カテゴリー: メンズ、ウィメンズ、キッズ、シューズ、アクセサリー、ヨガ
ブランド開始年度:  スペイン 2009年ブランド設立(スペイン ECOALF社)
                             日本 2020年3月より展開 (三陽商会)
 
■「ECOALF」日本公式WEBサイト  https://ecoalf.jp/
■SNS
Instagram   https://www.instagram.com/ecoalf_japan 
twitter       https://twitter.com/ecoalf_japan
Facebook    https://www.facebook.com/ecoalfjapan/

掲示板・新着ニュース

カイハラデニム ミズノ株式会社 株式会社デサント ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン 豊和株式会社 ビッグジョン シマセイキ かまだプリント株式会社 シキボウ ペガサス ドミンゴ