書籍紹介
TOP > 業界ニュース > ニッケ、12年春夏素材合同展 レディス分野の開拓を強化

ニッケ、12年春夏素材合同展
レディス分野の開拓を強化

update: 2011/04/01

ニッケ、12年春夏素材合同展 「ニッケキューバビーチ」のメンズスーツ

「ニッケキューバビーチ」のメンズスーツ

ニッケの衣料繊維事業本部販売第2部は12年春夏素材合同展で、レディス分野の開拓に力を入れる。ファッションの分野ではメンズの企画が主体だったが、レディス向けにアレンジした素材も新たに提案した。展示会ではメンズ、レディス、ビジネスユニフォーム向けの素材をラインナップした。

合同展のテーマは「クロスオーバー」。素材の融合、機能性の融合、アイテムの融合(多様化)など、様々な交わりを基本に企画した。「プライム」「リラックス」「プログレス」という3つのカテゴリーを設定し、素材別、用途別の企画を組んだ。

「プライム」では、ニュージーランドメリノウールを使った「ゴールデンマフ」がメーン。スーパー160、180の2つのラインで、高級メンズスーツへの採用が主流。今回はこの素材をレディスウエアに使用した。ドレープ性と光沢感が出るため、エレガンステイストのドレスなどに最適。レディスの晴れ着としての提案だ。展示品のドレスはスーパー160のツイル生地を使用した。なめらかな仕上がりが特徴だ。2つ目の柱が、今年2月の「プルミエールヴィジョン」に出品した商品群。中でも、過去のヴィンテージ生地から復刻したシリーズは欧州でも定評があり、よき定番になりつつある。このほか、多重織シリーズ、「美濃和紙」を使用した生地も提案した。

ニッケ、12年春夏素材合同展 「ゴールデンマフ」を使ったレディスドレス

「ゴールデンマフ」を使ったレディスドレス

復刻盤で興味深いのが、「ジェントルマンライン」。1960年代にはやった「ニッケキューバビーチ」を再現した素材で、メンズジャケット、パンツに使用される。夏場向けのストロングメリノを使用しておりハリ、コシがある。すでに首都圏の百貨店で採用が決まっている。

「リラックス」では、ウールジャージーを強化する。織物を得意にする同社の新しい試みだ。また、強撚糸を使い目付を軽くして、軽量に仕上げた「アクティブウール」や、ウールとシルクの3構造で吸汗速乾性を持った「スポーツウール」など機能性を強化した素材も揃えた。

「プログレス」では、新素材「Cool Gate」(クールゲート)を提案。赤外線を遮る性質を持つ染料を使い、ウール生地そのものに熱遮蔽機能を持たせた。すでに今年春から、スーツ素材として販売が始まっている。


(ファッションライター 樋口尚平)

ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン カイハラデニム シキボウ ドミンゴ ペガサス ビッグジョン 豊和株式会社 PERTEX Elemental シマセイキ かまだプリント株式会社 ミズノ株式会社 TEIJIN 株式会社デサント