書籍紹介
TOP > 業界ニュース > 第45回「東京ファッション産業機器展」(FISMA TOKYO)開催 島精機製作所は2種類の...

第45回「東京ファッション産業機器展」(FISMA TOKYO)開催
島精機製作所は2種類の新機種を出展

update: 2010/10/01

新機種「P-CAM1620」の実演に見入る来場者(東京ファッション産業機器展)

新機種「P-CAM1620」の実演に見入る来場者
(東京ファッション産業機器展)

東京ファッション産業機器展に出展した島精機製作所は、積層式自動裁断機(NC裁断機)P-CAMシリーズの新機種「P-CAM1620」を初出展した。同機種は、高効率、高生産性、高品質で好評を得ている同シリーズの機能や性能はそのまま継続し、さらに使いやすい裁断幅1600ミリ、生地厚20ミリとコンパクト化を実現。消費電力が従来機の半分という省エネで高いコストパフォーマンスが特長だ。また、刃幅自動測定機能や二度切り防止機能、マーキングピッチ0ミリによるスリット裁断などを対応した最新鋭の機能を搭載している。そして、新しい自動研磨技術によってナイフ本来の切れ味・寿命も向上。裁断後にサイズ別やパーツ別の仕分けが容易にできるよう、ペンによるサイズやパーツ名の描画も可能だという。同機種の生地厚表示をこれまでのインチからミリに変更した背景には、アパレルやワークウェア、縫製メーカー、ニットメーカーなど衣料分野にとどまらず、自動車関連や産業資材、家具関連など高生産性を発揮できる産業用自動裁断機としての需要も狙うためだ。

もうひとつの新機種「PMK2000」は、インクジェット方式により原寸パターンと原寸マーカーを世界最高レベルの印字速度で、最大2000ミリ幅までの描画印字に対応するインクジェットマーキングプロッター。特長的な機能は、吸引と多点固定式加圧ローラーにより紙づまり(ジャム)を防止することで用紙送りが安定し、長尺マーカーの描画も高精度でスムーズに出力されることだ。また、出力された用紙の自動巻き取り装置(オプション)や、巻き移しに便利な小巻装置(オプション)を搭載しているため、出力された用紙を小巻装置で巻き直しして効率良く取り出すことができる。さらに、ペンプロッターとは違い、出力するデータ量がどれだけ多くても描画時間に影響しないという。

(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)

ドミンゴ かまだプリント株式会社 シマセイキ シキボウ ミズノ株式会社 豊和株式会社 株式会社デサント ダンス ウィズ ドラゴン TEIJIN ペガサス ビッグジョン ゴールドウイン カイハラデニム PERTEX Elemental